「廃村 千選」 〜 岐阜県

「廃村 千選」 〜 岐阜県



岐阜県根尾村の冬季無人集落 越波(おっぱ)の分校跡です(平成12年5月)。




・編者が確認した岐阜県の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」(学校の所在は昭和34年以降)は40か所です(廃村37か所,高度過疎集落3か所)。

・岐阜県は美濃と飛騨の2旧国からなりますが,「廃校廃村」の数は美濃が18か所,飛騨が22か所です。
・岐阜県内最大規模の鉱山は,神岡町神岡鉱山です。栃洞と大津山は,神岡鉱山の縮小・合理化に伴いゴーストタウンとなりました。岐阜県の鉱山関係の廃校廃村は2集落です。
・戦後開拓集落の廃校廃村は,大和町内ヶ谷開拓,宮川村菅沼ニコイ平など5集落です。

・岐阜県にはへき地5級地が2か所あります(旧徳山村門入,白川村加須良)が,ともに廃校廃村です。
・旧徳山村徳山ダムの貯水量は 6億6000万立方mで日本最大です(平成20年春完成)。徳山ダムに関係する廃校廃村として,旧徳山村徳山本郷・戸入・門入・山手・櫨原・塚があります(6集落)。
・徳山ダム以外のダム関係の廃校廃村として,藤橋村鶴見=杉原ダム,金山町卯野原・弓掛・馬瀬村下山=岩屋ダム,河合村保・横谷・舟原=下小鳥ダム,白川村保木脇=鳩谷ダムがあります(計14集落,5ダム)。ダム関係の廃校廃村は全国で136か所(関連ダム数 92か所)ありますが,岐阜県の数(14か所)は,北海道(22か所)に次ぎ全国第2位,50都道府県(北海道は4分割)中では第1位です。
・岐阜県で最も歴史が古い廃村の学校は,旧徳山村徳山小学校(所在地は徳山本郷)で,明治6年開校,昭和57年休校(実質閉校),開校期間は111年です。
・旧徳山村は,徳山ダムの建設により生じた,全国で9つある自治体規模の廃村のひとつです(昭和62年離村,同年 藤橋村に編入)。

  集落名 学校名 自治体名 へき地
等級
児童数 閉校年 (特記)
産業・離村時期

1
(Taniyama)☆*
谷山
六合小学校谷山分校 (揖斐川町)
揖斐郡春日村
2級 4名 (S.42)
昭和40年
農山村・S.42年

2
(Oya)
杉原小学校親冬季分校 (揖斐川町)
揖斐郡藤橋村
1級 22名 昭和37年 (横山ダム)
農山村・S.37年

3
(Tsurumi)☆
鶴見
杉原小学校 (揖斐川町)
揖斐郡藤橋村
1級 116名 昭和57年 (杉原ダム)
農山村・H. 2年

4
(Tokuyama-hongou)
徳山本郷
(藤橋小学校本郷分校)
徳山小学校
(揖斐川町)
揖斐郡徳山村
1級 173名 (H. 4)
昭和62年*
(徳山ダム)
農山村・S.62年

5
(Tonyuu)
戸入
徳山小学校戸入分校 (揖斐川町)
揖斐郡徳山村
3級 57名 (S.62)
昭和60年
(徳山ダム)
農山村・S.62年

6
(Kadonyuu)
門入
徳山小学校門入分校 (揖斐川町)
揖斐郡徳山村
5級 39名 昭和62年 (徳山ダム)
農山村・S.62年

7
(Yamate)
山手
徳山小学校山手分校 (揖斐川町)
揖斐郡徳山村
1級 30名 (S.62)
昭和60年
(徳山ダム)
農山村・S.62年

8
(Hazehara)
櫨原
徳山小学校櫨原分校 (揖斐川町)
揖斐郡徳山村
2級 66名 昭和62年 (徳山ダム)
農山村・S.62年

9
(Tsuka)
徳山小学校塚分校 (揖斐川町)
揖斐郡徳山村
3級 29名 (S.62)
昭和58年
(徳山ダム)
農山村・S.62年

10
(Kurodu)☆
黒津
(長嶺小学校黒津分校)
黒津小学校
(本巣市)
本巣郡根尾村
3級 19名 (S.60)
昭和46年
(冬季無人)
農山村・S.末頃

11
(Oppa)☆
越波
(長嶺小学校越波分校)
黒津小学校越波分校
(本巣市)
本巣郡根尾村
3級 24名 (S.60)
昭和56年
(冬季無人)
農山村・S.末頃

12
(Ookawara)☆
大河原
(長嶺小学校大河原分校)
黒津小学校大河原分校
(本巣市)
本巣郡根尾村
3級 17名 昭和46年 農山村・S.60年頃

13
(Nakagoshi)☆
仲越
(仲越小学校)
北山小学校仲越分校
(山県市)
山県郡美山村
3級 25名 (S.61)
昭和54年
(冬季無人)
農山村・H.15年

14
(Konjima)
今島
北山北小学校 (山県市)
山県郡美山村
1級 52名 (S.55)
昭和46年
(冬季無人)
農山村・H.初頃

15
(Tsubaki)
椿
北武芸小学校椿分校 (山県市)
山県郡美山村
1級 33名 昭和46年 農山村・S.46年

16
(Nishibora)
西洞
柿野小学校西洞分校 (山県市)
山県郡美山村
2級 11名 昭和45年 農山村・S.45年
17 (Uchigatani)
内ヶ谷
西小学校内ヶ谷第一分校 (郡上市)
郡上郡大和村
4級 24名 昭和45年* (上会津)
農山村・S.45年
18 (Uchigatani-kaitaku)
内ヶ谷開拓
西小学校内ヶ谷第二分校 (郡上市)
郡上郡大和村
4級 4名 昭和45年* 開拓・S.45年

19
(Unohara)
卯野原
東第二小学校 (下呂市)
益田郡金山町
1級 108名 昭和46年 (岩屋ダム)
農山村・S.46年

20
(Yugake)
弓掛
(東第一小学校弓掛分校)
東第二小学校弓掛分校
(下呂市)
益田郡金山町
2級 64名 昭和47年 (岩屋ダム)
農山村・H.20年頃

21
(Shimoyama)
下山
総島小学校下山分校 (下呂市)
益田郡馬瀬村
1級 34名 昭和46年 (岩屋ダム)
農山村・S.46年
22 (Takinoue)☆*
滝上
小坂小学校滝上分校 (下呂市)
益田郡小坂町
3級 4名 昭和38年 開拓・S.37年
23 (Utou)
有道
久々野小学校有道分校 (高山市)
大野郡久々野町
3級 21名 昭和38年 農山村・S.38年

24
(Ootsuyama)
大津山
大津山小学校 (飛騨市)
吉城郡神岡町
2級 209名 昭和50年* (神岡鉱山・亜鉛)
鉱山・S.50年

25
(Atotsugawa)
跡津川
漆山小学校跡津川分校 (飛騨市)
吉城郡神岡町
2級 28名 昭和40年 農山村・H.21年

26
(Sako)☆*
佐古
漆山小学校佐古分校 (飛騨市)
吉城郡神岡町
3級 16名 昭和45年* 農山村・S.45年

27
(Tochibora)☆
栃洞
栃洞小学校 (飛騨市)
吉城郡神岡町
無級 842名 昭和58年 (神岡鉱山・亜鉛)
鉱山・H.4年

28
(Oohara)
大原
(本郷小学校大原冬季分校)
長倉小学校大原冬季分校
(高山市)
吉城郡上宝村
3級 9名 昭和44年 農山村・S.50年頃
*29 (Hora)
坂下小学校洞分校 (飛騨市)
吉城郡宮川村
3級 16名 昭和42年 農山村・−
30 (Nikoidaira)
ニコイ平
穂蔵小学校ニコイ平分校 (飛騨市)
吉城郡宮川村
3級 8名 昭和37年* 開拓・S.37年
*31 (Kodani)
小谷
大無雁小学校小谷冬季分校 (飛騨市)
吉城郡宮川村
1級 19名 昭和46年 農山村・−
32 (Ho)
(元田小学校保分校)
保小学校
(飛騨市)
吉城郡河合村
1級 102名 昭和46年* (下小鳥ダム)
農山村・S.46年
33 (Yokodani)
横谷
保小学校横谷分校 (飛騨市)
吉城郡河合村
2級 10名 昭和45年 (下小鳥ダム)
開拓・S.45年
34 (Funabara)
舟原
(元田小学校舟原分校)
保小学校舟原分校
(飛騨市)
吉城郡河合村
2級 8名 昭和48年 (下小鳥ダム)
農山村・S.48年
35 (Odoriyama)
小鳥山
池本小学校小鳥山分校 (高山市)
大野郡清見村
4級 4名 昭和43年 開拓・高成長頃
36 (Morimo)
森茂
池本小学校森茂分校 (高山市)
大野郡清見村
4級 21名 昭和48年 農山村・高成長頃
37 (Kazura)
加須良
白川小学校加須良分校 大野郡白川村 5級 9名 昭和42年* 農山村・S.42年
38 (Ushikubi)
牛首
白川小学校牛首分校 大野郡白川村 3級 16名 昭和38年* 農山村・S.38年
39 (Makari)
馬狩
白川小学校馬狩分校 大野郡白川村 2級 15名 昭和47年* 農山村・S.47年
*40 (Hokiwaki)
保木脇
平瀬小学校保木脇分校 大野郡白川村 2級 18名 昭和38年 (鳩谷ダム)
農山村・−



岐阜県美山町の廃村 椿(Tsubaki)の離村記念碑です(平成16年10月)。



(注1) 「廃村 千選」とは,編者が確認した全国の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」約1000か所のことをいいます。また,「廃校廃村」とは,「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」を略した呼称です。

(注2) 「廃村 千選」における廃村(集落跡)は住民がいない集落(1戸程度が残るもの,冬季無人集落を含む),高度過疎集落は5戸以下程度(冬季分校所在地は3戸以下程度)の集落(番号欄*印付き)です。

(注3) 「廃村 千選」における学校は,昭和34年4月以降の小学校とその分校,冬季分校,夏季分校です(昭和34年3月以前に閉校した学校は含みません)。

(注4) ◎は編者が訪ねたことがある廃校廃村です。○は編者が意識せずに通過したことがある廃校廃村です。

(注5) ☆は中学校が集落内にあった廃校廃村です(併設校,分校,冬季分校(☆*)を含む。昭和34年3月以前に閉校した学校は含みません)。

(注6) 学校名,へき地等級,児童数のデータは,昭和34年4月現在のものです。( )書きは閉校当時の名称です。

(注7) 閉校年は,原則「全国学校総覧」により1年ごとの所在を比較して調べたものです。再開されなかった休校は閉校と同一に扱っています。( )書きは休校を経た閉校年です。また,*印付きの閉校年は年度途中(4〜12月)の閉校です。

(注8) 離村時期欄,xx年は,文献等に記された閉村年です。xx年頃は,小学校閉校年,住宅地図等により推定した閉村年です。その他は,小学校閉校年,住宅地図等から推測し,高成長前頃(S.34−S.40),高成長頃(S.41−S.50),S.末頃(S.51−S.63),H.初頃(H.元−H.10),H.中頃(H.11−H.22)に分類しています。

(注9) 市町村名は,説明文が平成13年4月現在(平成の大合併直前),リストが昭和34年4月現在,リスト内( )書きが平成23年10月現在です。

(注10) 集落名(読み)へのリンクは「村影弥太郎の集落紀行」Web(管理者村影弥太郎さん)の力添えをいただいています。

(注11) 平成23年以降に生じた廃村は,原則追求していません。

(注12) お気付きの点があればお知らせいだけると幸いです。



inserted by FC2 system