「廃村 千選」 〜 大阪府

「廃村 千選」 〜 大阪府



大阪市西淀川区のかつて集落(町)があった臨海工業地帯 西島2丁目の矢倉緑地です(平成22年11月)。




・編者が確認した大阪府の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」(学校の所在は昭和34年以降)は1か所です(廃村1か所)。

・大阪府(旧国名は摂津,河内,和泉(泉州))は,人口は47都道府県中 東京都,神奈川県に次いで多く(約886万人,H.22),面積は47都道府県中 香川県に次いで小さく(1898ku,H.21),また,神奈川県とともに,過疎市町村がひとつもありません。このようなことから,大阪府は全国で最も廃村が生じにくい地域といえます。
・大阪府内には著名な鉱山はありません。

・大阪府内には1校だけへき地2級校がありました(河内長野市滝畑小学校)。滝畑地内には昭和56年に滝畑ダムができ,滝畑小学校は平成2年に閉校となりましたが,滝畑は過疎集落として健在です。
・大阪府内最大規模のダムは茨木市の安威川ダム(未竣工)です。
・大阪市西淀川区の臨海工業地帯には,西島(現 西島1丁目),矢倉(現 西島2丁目),布屋(現 中島2丁目)といった江戸時代の新田開発にかかわる集落(町)がありました。
・西島には昭和44年まで小学校(川北小学校)があり,平成15年頃無住化しました。川北小学校は至近距離の中島に移転し,存続しているので,従来取り上げていませんでしたが,平成30年5月,茨城県,千葉県(従来 廃校廃村ゼロ)にそれぞれ1か所見つかったことにあわせて,取り上げることにしました。

  集落名 学校名 自治体名 へき地
等級
児童数 閉校年 (特記)
産業・離村時期

◆1
(Nishijima)
西島
川北小学校 大阪市西淀川区 537名 昭和44年 (阪神工業地帯)
他・H.15年頃離村

(注1) 「廃村 千選」とは,編者が確認した全国の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」約1050か所のことをいいます。また,「廃校廃村」とは,「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」を略した呼称です。

(注2) 学校名,へき地等級,児童数のデータは,昭和34年4月現在のものです。

(注3) 市町村名は,平成13年3月現在(平成の大合併直前)です。

(注4) ◎は編者が訪ねたことがある廃校廃村,◆は冊子「廃村千選I」作成後(平成22年5月以降)にリストに追加した廃校廃村です。

(注5) 平成23年以降に生じた廃村は,原則追求していません。

(注6) お気付きの点があればお知らせいだけると幸いです。



inserted by FC2 system