「廃村 千選」 〜 鳥取県

「廃村 千選」 〜 鳥取県



鳥取県用瀬町の廃村 板井原(いたいばら)の離村記念碑です(平成21年3月)。

※ 画像は島根県のおきのくにさんより提供いただきました。




・編者が確認した鳥取県の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」(学校の所在は昭和34年以降)は3か所です(廃村3か所)。

・鳥取県は因幡,伯耆の2旧国に分かれますが,廃村は因幡の東部(県東部)に偏在しています。
・最大規模の「廃校廃村」は八東町横地です。鳥取県は全国でいちばん人口が少ない県(約59万人,H.22)であり,廃校廃村の数,規模も小さい様子です。
・鳥取県には代表的な鉱山として岩美町の岩美鉱山がありますが,鉱山関係の廃校廃村は見当たりません。
・用瀬町の廃村 板井原の上手,智頭町の過疎集落 上板井原は,昭和30年代の山村集落の趣を残す「伝統的建造物群保存地区」です。

・鳥取県内の最高のへき地等級は3級で,2校あります(関金町野添,大山町豊房)。野添,豊房は,ともに過疎集落として存続しています。
・鳥取県最大規模のダムは,日南町の菅沢ダムですが,鳥取県にダム関係の廃校廃村は見当たりません。
・鳥取県で最も歴史が古い廃村の学校は,用瀬町の興徳小学校杉森分校で,明治12年開校,昭和50年閉校,開校期間は96年です。

  集落名 学校名 自治体名 へき地
等級
児童数 閉校年 (特記)
産業・離村時期

1
(Yokoji)
横地
丹比小学校横地分校 (八頭町)
八頭郡丹比村
1級 18名 昭和41年 農山村・S.47年

2
(Sugimori)
杉森
(用瀬小学校杉森分校)
興徳小学校杉森分校
(鳥取市)
八頭郡用瀬町
2級 14名 (S.54)
昭和50年
農山村・S.50年

3
(Itaibara)
板井原
(用瀬小学校板井原分校)
興徳小学校板井原分校
(鳥取市)
八頭郡用瀬町
2級 11名 (S.54)
昭和49年
農山村・S.50年

(注1) 「廃村 千選」とは,編者が確認した全国の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」約1000か所のことをいいます。また,「廃校廃村」とは,「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」を略した呼称です。

(注2) 「廃村 千選」における廃村(集落跡)は住民がいない集落(1戸程度が残るもの,冬季無人集落を含む),高度過疎集落は5戸以下程度(冬季分校所在地は3戸以下程度)の集落(番号欄*印付き)です。また,「へき地学校名簿」には鳥取県の冬季分校が掲載されていないため,ここでは取り上げられていません。

(注3) 「廃村 千選」における学校は,昭和34年4月以降の小学校とその分校,冬季分校,夏季分校です(昭和34年3月以前に閉校した学校は含みません)。

(注4) ◎は編者が訪ねたことがある廃校廃村です。

(注5) 学校名,へき地等級,児童数のデータは,昭和34年4月現在のものです。( )書きは閉校当時の名称です。

(注6) 閉校年は,原則「全国学校総覧」により1年ごとの所在を比較して調べたものです。再開されなかった休校は閉校と同一に扱っています。( )書きは休校を経た閉校年です。

(注7) 離村時期欄,xx年は,文献等に記された閉村年です。xx年頃は,小学校閉校年,住宅地図等により推定した閉村年です。

(注8) 市町村名は,説明文が平成13年4月現在(平成の大合併直前),リストが昭和34年4月現在,リスト内( )書きが平成23年10月現在です。

(注9) 集落名(読み)へのリンクは「村影弥太郎の集落紀行」Web(管理者村影弥太郎さん)の力添えをいただいています。

(注10) 自治体名へのリンクはmixi(会員制)の日記等 おきのくにさんの力添えをいただいています。

(注11) 平成23年以降に生じた廃村は,原則追求していません。

(注12) お気付きの点があればお知らせいだけると幸いです。



inserted by FC2 system