「廃村 千選」 〜 熊本県

「廃村 千選」 〜 熊本県



熊本県矢部町の廃村 内大臣(ないだいじん)の分校跡です(平成21年11月)。




・編者が確認した熊本県の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」(学校の所在は昭和34年以降)は13か所です(廃村12か所,高度過疎集落1か所)。

・熊本県(旧国名は肥後)は,本土部と天草諸島に大別されますが,「廃校廃村」は本土部11か所,本土部の離島1か所,天草1か所です。
・鉱山関係の廃校廃村として,かつて石灰鉱山があった八代市大築島があります(1集落)。
・戦後開拓集落の廃校廃村として,五木村端海野,球磨村譲葉があります(2集落)。また,営林事業関係の「廃校廃村」として,矢部町内大臣,人吉市段塔,上村八ヶ峰,湯前町湾洞があります(4集落)。

・熊本県の最高のへき地等級は5級(1か所)で,泉村樅木(泉第八小学校)です。泉第八小学校は現在,へき地4級校として今も開校しています(H.21)。
・ダム関係の廃校廃村として,相良村野原=川辺川ダムがあります(1集落,1ダム)。水上村江代=市房ダムもダム関係の廃村ですが,閉校が昭和33年のため,リストには含まれていません。
・熊本県で最も歴史が古い廃村の学校は,相良村相良北小学校野原分校で,明治29年開校,平成6年閉校,開校期間は98年です。野原は川辺川ダムの建設により廃村となり,国は移転用の代替地(野原代替地)を造成しましたが,移転された方はいませんでした。

  集落名 学校名 自治体名 へき地
等級
児童数 閉校年 (特記)
産業・離村時期
1 (Ootsuru)
大鶴
尾ヶ石東部小学校大鶴分校 (阿蘇市)
阿蘇郡阿蘇町
4級 14名 昭和44年* 農山村・高成長頃

2
(Otao)
小田尾
砥用小学校小田尾分校 (美里町)
下益城郡砥用町
2級 13名 昭和42年 農山村・高成長頃

3
(Naidaijin)
内大臣
(白糸第三小学校内大臣分校)
白糸第二小学校内大臣分校
(山都町)
上益城郡矢部町
3級 59名 (S.55)
昭和54年
(矢部営林署)
営林・S.55年
4 (Ootsukushima)☆
大築島
八代小学校大築島分校 八代市 2級 25名 昭和36年 (大築島鉱山・石灰)
(大築島)
鉱山・S.36年
*5 (Nishinoiwa)
西の岩
泉第六小学校西の岩分校 (八代市)
八代郡泉村
4級 36名 (H. 5)
昭和53年
農山村・−
6 (Yuzuriha)
譲葉
一勝地第一小学校譲葉分校
球磨郡球磨村
3級 36名 昭和43年 開拓・高成長頃

7
(Nohara)
野原
(野原小学校)
相良北小学校野原分校
球磨郡相良村 無級 133名 平成 6年 (川辺川ダム)
農山村・H. 6年
8 (Nakamichi)☆
中道
五木北小学校中道分校 球磨郡五木村 2級 15名 昭和50年 農山村・S.末頃
9 (Tankaino)☆
端海野
五木西小学校端海野分校 球磨郡五木村 3級 22名 (H.19)
平成12年
開拓・H.17年
10 (Dantou)
段塔
大畑小学校段塔分校 人吉市 2級 42名 (S.55)
昭和51年
(人吉営林署)
営林・S.51年
11 (Hachigamine)
八ヶ峰
上村小学校八ヶ峰分校 (あさぎり町)
球磨郡上村
3級 32名 昭和44年 営林・S.44年
12 (Wandou)
湾洞
湯前小学校仁原分校 球磨郡湯前町 2級 52名 昭和42年* (多良木営林署)
営林・S.42年
13 (Ooshima)☆
大島
(大島小学校)
牛深小学校大島分校
(天草市)
牛深市
3級 66名 昭和49年* (天草諸島)
離島・S.49年



内大臣の集落内には,プールの跡が残されていました。



(注1) 「廃村 千選」とは,編者が確認した全国の「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」約1000か所のことをいいます。また,「廃校廃村」とは,「学校跡を有する廃村・高度過疎集落」を略した呼称です。

(注2) 「廃村 千選」における廃村(集落跡)は住民がいない集落(1戸程度が残るもの,冬季無人集落を含む),高度過疎集落は5戸以下程度(冬季分校所在地は3戸以下程度)の集落(番号欄*印付き)です。

(注3) 「廃村 千選」における学校は,昭和34年4月以降の小学校とその分校,冬季分校,夏季分校です(昭和34年3月以前に閉校した学校は含みません)。

(注4) ◎は編者が訪ねたことがある廃校廃村です。

(注5) ☆は中学校が集落内にあった廃校廃村です(併設校,分校を含む。昭和34年3月以前に閉校した学校は含みません)。

(注6) 学校名,へき地等級,児童数のデータは,昭和34年4月現在のものです。( )書きは閉校当時の名称です。

(注7) 閉校年は,原則「全国学校総覧」により1年ごとの所在を比較して調べたものです。( )書きは休校を経た閉校年です。また,*印付きの閉校年は年度途中(4〜12月)の閉校です。

(注8) 離村時期欄,xx年は,文献等に記された閉村年です。xx年頃は,小学校閉校年,住宅地図等により推定した閉村年です。その他は,小学校閉校年,住宅地図等から推測し,高成長前頃(S.34−S.40),高成長頃(S.41−S.50),S.末頃(S.51−S.63),H.初頃(H.元−H.10),H.中頃(H.11−H.22)に分類しています。

(注9) 市町村名は,説明文が平成13年4月現在(平成の大合併直前),リストが昭和34年4月現在,リスト内( )書きが平成23年10月現在です。

(注10) 集落名(読み)へのリンクは「村影弥太郎の集落紀行」Web(管理者村影弥太郎さん)の力添えをいただいています。また,自治体名へのリンクはmixi(会員制)の日記等 おきのくにさんの力添えをいただいています。

(注11) 平成23年以降に生じた廃村は,原則追求していません。

(注12) お気付きの点があればお知らせいだけると幸いです。



inserted by FC2 system